誰に見てもらう?ターゲットユーザーを決める

ターゲットユーザーを決めよう。

今やホームページは企業の広告手段として欠かせないアイテムとなっています。企業情報はもちろんのこと、企業製品などをPRする方法として無くてはならない存在となっています。従って多くの企業ではホームページを作成していますが、注意すべきことはやみくもにホームページを作成してしまいますと効果が全くないと言うことです。

ホームページを作成するに当たっては、誰に見てもらいたいのか、そのターゲットを十分に検討することが重要となります。この検討を怠ってしまいますと、どんなに良いホームページを作成したとしても、見てもらう人が存在せずに、全く無意味になってしまいます。従ってターゲットユーザーを検討することが非常に重要と言えます。

見てもらう人によってデザインは異なります。

例えばターゲットユーザーを若年層とした場合には、インターネットに精通していることを念頭に置いて、様々な機能やコンテンツを盛り込んだホームページを作成することとなります。逆に高齢者をターゲットとした場合には、シンプルで画面の操作がしやすい内容のものが有効と言えます。文字が見えやすくするといった点も重要となります。また女性をターゲットとしたなら、デザイン性の富んだお洒落なものにすると効果的と言えます。子どもや学生向きとするなら、分かりやすく興味を引き立てる内容にします。

このようにターゲットユーザーを誰にするかによってホームページのデザインは随分と異なってきます。従ってターゲットユーザーを誰にするのかといった検討がとても大切となります。

ホームページ作成の実績は、外注先を選ぶ際に重要なポイントとなるため、各業者の過去の制作事例などを通じて確認しておく必要があります。