サイトの構造をまとめたサイトマップ

目次の代わりにサイトマップ

Webサイトの良いところは、写真や文章などを使って様々な情報を紹介できるところです。日本国内だけでなく、サイトを運営している企業やサークルは少なくありません。冊子なら数十ページ以上になるほどの情報量でも、簡単に載せる事が出来ます。多くのサイトは、様々な内容のコンテンツから構成されているのが一般的です。コンテンツの内容や数に決まりはなく、サイトの目的によって自由に作成されています。コンテンツが豊富だと情報量も多くて魅力的ですが、作り方によっては閲覧がしにくいサイトになるので注意しましょう。もし、コンテンツを沢山用意したいときはサイトマップの作成をお勧めします。サイトマップは全体の構造を説明するのに便利な存在で、冊子の目次のようなものです。

サイトマップにはリンクを貼りましょう

冊子の目次ではページ番号を書き入れますが、Webサイトにはページ番号というものが一般的に存在しません。サイトマップでは、ページ番号を記載する代わりに各コンテンツへのリンクを貼っておくと便利です。各コンテンツの簡単な詳細を書いておけば、初めてサイトにアクセスした人でも安心して閲覧する事が出来ます。せっかくサイトにアクセスしても、目的の情報がどこにあるのか分かりにくいと閲覧をやめてしまう人も少なくありません。逆にコンテンツや内容が分かりやすいサイトなら、利用しやすいためアクセス数が伸ばせる可能性があります。人気のサイトを運営したいと思うなら、コンテンツを説明するサイトマップの存在は非常に重要です。

ホームページ作成の見積もりをクラウドソーシング経由で依頼してみましょう。インターネットには技術を持った個人事業主がたくさんいます。彼らから驚くような提案が出されること間違いなしです。